岬研究室

弁護士・海事代理士の岬です。ニッチな情報を発信します。

不動産関係の資料の種類と収集方法

f:id:misaki1987:20180827144050p:plain

不動産関係の資料の種類と収集方法

1 登記事項証明書(不動産登記法119条1項)

 ・登記記録に記録されている事項の全部又は一部を証明した書類のこと

 ・だれでも取得可能

 ・地番や家屋番号が必要

 ・共同担保目録付きで取得する(関連する不動産が見つかることがあるので)

 ・1通600円〜

 

2 登記事項要約書(不動産登記法119条2項)

 ・登記記録に記録されている事項の概要を記載した書面のこと

 ・だれでも取得可能

 ・地番や家屋番号が必要

 ・どうせとるなら1の登記事項証明書がいいかも

 ・1通450円〜

 

3 固定資産課税台帳(名寄帳)

 ・本人・相続人・代理人しか取得できない

 ・ある人が持っている不動産を一覧表にしたもの

 ・手数料は役所ごとに異なる

 

4 固定資産評価証明書

 ・本人・相続人・代理人しか取得できない

 ・税金の算出の基礎となる固定資産額が記載されている書面

 ・ちなみに、固定資産評価額は、土地公示価格の70〜80%程度

 ・地番や家屋番号が必要

 

スポンサーリンク